2017年01月30日

盗撮厳禁メガネ型カメラ

さて、今日は盗撮厳禁メガネ型小型カメラのご紹介です。
このメガネ型カメラを盗撮用ではありませんよ。
こちらのメガネ型カメラは盗撮用というわけではなく、ストーカー被害、DV被害、パワハラ被害といった被害から自分を守るために使うものなんです。

最近のこういった小型カメラって性能が良くなっているというかカモフラージュ性が高くなってるというか、すごく高性能です。
まずメガネ型カメラに限らずですが、最近の小型カメラは録画した画像の解像度がすごい。
ほんと進化しています。

以前の小型カメラといえば画像は荒く、暗いのが当たり前でした。
というのも小型カメラの「小型」という特性上、搭載できる記録メモリーがたくさん入れられない。
極力カメラとわからないようにするためにレンズが小さいから暗い。
いわゆる、ピンホールカメラ、ピンホールレンズとか言われてました。
その上、搭載されているICチップが処理速度が遅いメモリーが小さい等、貧弱なためフレームレートが少ない、そんな性能でした。
フレームレートとは動画の1秒間に何枚の静止画像を撮影するかという単位。
フレームレート10FPSなら1秒間に10枚の静止画像を記録という事です。(多分)
なのでフレームレートが高ければ高い方がなめらかな映像となるわけです。

それが最新の小型カメラでは、メガネ型カメラSPEye Nine(エスピーアイナイン)を例にとってみると
動画解像度はフルハイビジョンの1080p
静止画は4032x3024pxの1200万画素
4032x3024pxの1200万画素といえば、iPhone 6sと同程度なんです。
フレームレートは最大30FPS。
搭載できるSDカードは32GB。
こんな夢のような性能なんですね。
メガネ型カメラは今、ここまで進化しているわけです。
すごいですねこのメガネ型カメラSPEye Nine(エスピーアイナイン)は。

機種は違いますが、メガネ型ビデオカメラ『SPEye Black-Commando』(エスピーアイ ブラックコマンドー)はなんとレンズがほとんど見えない!
直射日光やライトで照らさない限りはレンズが付いていることさえわからないんです。
この機種は720pとフルハイビジョンではないんですがレンズが見えないというメリットは大きいと思います。

また、最近のメガネ型カメラはデザインが優れているので本当にカメラとはバレないと思います。
操作方法は以下の動画が参考になると思います。



動画で説明があるとおり、操作ボタンはメガネの右のつるの部分に設置されているのでメガネをかけたまま、つるをちょっと触るだけで動画撮影がスタートしたり写真を撮影したりできるんですね。
操作自体もこれがカメラとはバレないような作りになっているんです。

さて、このメガネ型カメラをどんなシチュエーションで使用するのか考えてみました。
まず、証拠撮りですよね。
例えば、浮気の証拠撮影。
妻が浮気をしているのではないかと疑ってこっそり後をつけてみる。
案の定、誰か知らない男性と会っている。
そこで証拠確保のために現場を撮影したいんだけど人が多くてスマートフォンやデジタルカメラを取り出して撮影するには目立ちすぎる。
そんな時にこのメガネ型カメラを付けていたらメガネのつるを少し触るだけで証拠の動画撮影や写真を撮影できてしまうんですね。
浮気は証拠固めが肝心ですからね。動画や写真を残しておけば後々いろいろ有利になってきます。

もうひとつ例をあげると、ブラックな会社に勤めていたとして上司から理不尽な要求をされる。
契約が取れるまでは帰ってくるなとかテレアポを続けろとか言われちゃう。
残業?こんなものはお前の能力が足りないから成績が上がらないんだ、残業なんてつくわけないだろ。
なんて言われたり。
そんな上司の言動をこっそり動画で撮影しておくとかなり有利に物事は運ぶと思います。
弁護士さんなんかにその動画を見せるだけでも効果が高いはずです。

あと、会社内でのセクハラ証拠を撮影しておくのもいいかもしれません。
自分の身は自分で守るのは基本ですが極力リスクは避けたいですよね。
相手に気づかれずに証拠を確保する方法を考えるうえでこのような小型カメラを使うのは効果が高いのではないかと思います。

もちろん、小型カメラはメガネ型だけではなく腕時計型やペン型カメラ、USB型小型カメラなんてものまであります。室内で使用する方には置時計型カメラや壁掛けフック型もあります。
少し前にニュースに上がっていた火災報知器型も小型カメラのジャンルにふくまれるようです。
職場で使うのか、プライベートで使うのか、どのような形状のものが自分に合っているのかをよく考えて選ぶことが大切です。
まず、自分が撮影したいシーンをよく思い浮かべてみましょう。

今日ご紹介したメガネ型カメラや小型カメラは撮厳禁 | 小型カメラ販売のアキバcam(秋葉原カメラ)で購入できます。


最後に、タイトルには盗撮厳禁メガネ型カメラなんてのをつけていますが、くれぐれも盗撮はやめてください。盗撮は犯罪です。




posted by ゆう at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | youtube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。